弊社のポスティングは、フリーペーパーへの折込が基本になっています

ちいきしんぶんは月2回、第1週と第3週。
不動産情報リードは第2週に発行されます。
その時は、お預かりしたチラシは各フリーペーパーの中に折込ます。

フリーペーパーに折り込めば、お客様へ直接クレームの電話がいくことはありません

「チラシお断り」のシールが貼ってあるポストにチラシを入れてしまった
チラシをポストの中までしっかり落とし込まないために、ポストからチラシがはみ出していて印象が悪く、雨の日はポストの中の郵便物が濡れてしまった
抜き取りがなくチラシがポストの中にたまっているにもかかわらず、さらにチラシを入れている
等々、不注意なポスティングで、住民の方からクレームが入ることがあります。

そのような時、チラシがフリーペーパーに折り込んであれば、その連絡はすべて発行元に行きます。
もしチラシだけの場合は、そのチラシに記載してある電話番号に電話をかけるしかありません。
ポスティングを依頼したお客様のところへ直接電話がいくことがないのは、お客様にとって大きなメリットです。
もちろんこのような配布に対するクレームが発生しないよう、配布スタッフへの指導を徹底しているのは言うまでもありません。

特別にポスティングの許可をいただいているマンションがあります

残念ながら最近は「ポスティング禁止」のマンションが増えてきました。
そんな状況の中で、住民の方々から「ちいきしんぶんを読みたい」という要望があり「特別にポスティングの許可」をいただいているマンションがあります。
ちいきしんぶんの発行週とそれ以外の週で町別配布明細の件数が異なるのはそのためです。

フリーペーパーの中に折り込んだらチラシは見てもらえない?

このように思う方もいらっしゃるかも知れませんが、それはフリーペーパーの内容次第。
ちいきしんぶんは35年以上に渡って高崎市10万世帯のポストに無料投函されています。
「継続は力なり」とよく言われますが、高崎市の皆様には良く知られた定期刊行物と自負しております。
いつものように「ちいきしんぶん」をポストから取り出す方々は「中にチラシが入っている」というのは当たり前のこと。
これは、ちいきしんぶんから数年遅れて発行された不動産情報(現在は、不動産情報リード)も同様です。

どの週にチラシをポスティングすればより高い反響が得られますか?

初めて弊社のポスティングをご利用のお客様によくいただく質問です。 これはポスティングを依頼されるお客様なら誰もが気になるところ。
「長年の傾向をみると、ちいきしんぶんや不動産情報リードが発行される週のご依頼が多いようです」と私たちはお答えしています。
弊社のポスティングを利用される方の多くはリピーター。
チラシの反響はリピーターの方々が一番よく知っていますので、その事実をお伝えするようにしています。
但し、タイミングもとても重要な要素です。
また、チラシの内容も大きく影響しますので、色々なケースで試してみることをお勧めします。
ポスティングに限らず集客はトライ&エラーの繰り返し。
独自のデータを積み上げることが、結局は成功への近道となります。

「ちいきしんぶん」とはどんなフリーペーパーなのか?

「フルーツオンザヒル」の齊藤様のインタビュー動画です。
同園の記事が載った時の反響がどんなものだったのか?動画をご覧になってください。

動画の撮影は、繁忙期が終わり木枯らしが吹いている中で少し寒そうですが、5月から10月までシーズン中はとても居心地のよい空間です。
ブルーベリーを始め美味しいフルーツを味わえます。アイスバーやパフェもお勧めです。ぜひでかけてみてください。

フルーツオンザヒル
群馬県高崎市吉井町小串750-5

 

「不動産情報リード」とはどんなフリーペーパーなのか?

株式会社リードプランニングより創刊されて30年以上、高崎市を中心とした不動産情報の専門誌として愛されています。
地元の不動産の情報を集めたフリーペーパーで、ちいきしんぶん同様、弊社のポスティングネットワークで高崎市10万世帯に配布されます。30年以上の長きに渡り、発行され続けている「不動産情報リード」は、高崎市の皆様にはすっかりお馴染みのフリーペーパーです。